アンダマン ボックス

アンダマン中株です。
取り木後の加湿目的で、
水槽に入れてます。

e0352390_19294171.jpg

[PR]
# by ruko3333 | 2017-09-03 19:27

80㎝超え 巨大株

かなり発根してました。
それにしても、
すごいきれいで、
ほとんど根腐れなし。

鉢は7号から9号へ。
目指せ100㎝ ギャラクシー。

e0352390_19272857.jpg

e0352390_19275531.jpg

e0352390_19281774.jpg

e0352390_19265818.jpg

[PR]
# by ruko3333 | 2017-09-02 19:20 | ギャラクシー

劇渋 ギャラクシー

かなりいい仕上がりです。
スタープラチナよりの
色合いかもしれません。

バイカラーに近い
トリカラーって、
興味深いですよね。

e0352390_07343669.jpg

[PR]
# by ruko3333 | 2017-09-01 05:26

開花10日以降

さすがに変化なし。
開花当初のやわらかい
イメージとは違い、
固くなりました。

あとはこのまま
枯れていきます。

こんな状況になると、
新たな葉が出てくる
というわけですね。

e0352390_07345983.jpg

[PR]
# by ruko3333 | 2017-08-31 07:27 | アンダマン

巨大株の取り木法

昨年取り木した巨大株。
根の長さも、太さも、ケタ違い。

今回は、そんな60㎝クラス以上の
取り木法をご紹介。

まずは鉢から出すのも
大変な作業です。
なんせ7号の鉢ですから。

鉢から出せたとしても、
ステムや根にダメージを
及ぼしかねません。

当方は1人で行いましたが
できれば、2人で行う方が、
いいかなと思います。

e0352390_17434716.jpg


根がびっしり。
さすがにこのタイミングでないと
秋にかけ根腐れしてしまいます。

この時点でも
痛んでいる根がありますので、
迷わず切る、もしくは、
水圧を高くして、
水洗いのイメージで、
取り除けるといいと思います。

そして、取り木。
切る場所は、いつも考えますが、
まずは、切る、切らないの
判断をします。

切る場合は、
カッターで根やタケノコに
傷がつかないよう、
ステムを回しながら切ります。

切らない場合は、
1号大きくして、
脇芽を期待します。

e0352390_17591198.jpg


さて、今回は切るに至りましたが、
ステムは切れたものの、
根が絡んでいます。

でも、このくらいの根であれば、
ギリギリ別々にすることが
できました。

ギリギリというのは、
根の強さと量です。

ということで、
巨大株の取り木に
ついてでした!

[PR]
# by ruko3333 | 2017-08-30 21:42 | ギャラクシー

アグラオネマ各種の生育を日記にしてみます!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31